結婚式場はホテルや神社などから選択できます。

結婚に関する知っておくべき知識

会場を決める

神前式を快適に挙げるには

洋風のウェディングが流行となって、一時期その数を減らしていた神前式ですが、最近また人気を取り戻しています。 格式高い日本の結婚式を行いたいという若いカップルが増えているようです。 式に親族しか出席出来なかったり、式の間新郎新婦が行う儀式が多く、忙しい印象になる事などデメリットもありますが、式がシンプルなので準備期間が短く済み、費用も抑えられる等のメリットもあります。 神前式を快適に挙げるためには、このメリットを最大限利用したい所ですが、ここに注意点もあります。 会食がセットになったプランもありますが、原則神社で行えるのは式のみです。会食や後に披露宴をやる場合は、別に会場を用意しなければなりません。 参列者の移動など全体を潤滑に行うためには、ウェディングプランナーとのしっかりとした相談が必要です。

伝統美と様式美あふれる結婚式を

古くさい、和装は面倒など、一時は嫌煙された神前式ですが、やはり日本の伝統美や様式美は、失われてしまう物ではありませんし、現代的なアレンジで若者にも支持されています。 花嫁も白無垢だけではなく、和モダンなデザインであったり、オーガンジーの打ち掛けも人気です。オーガンジーの打ち掛けは軽いので、長時間着る場合などで花嫁の負担を減らしますから、神前式にはもってこいと言えるかも知れません。 広い神社や式場内の神前式では、親族以外の参列も出来るようになるなど、より現代的で寛容な変化もあります。 最近では国際結婚のカップルが、神前式を選ぶ姿も目立つようになりました。外国人が日本の格式高い結婚式を求める傾向は、今後も続いていくようです。