結婚式場はホテルや神社などから選択できます。

結婚に関する知っておくべき知識

式場を選ぶ

式場選びの工夫とメリット

日本人として日本ならではの結婚式を挙げたいというカップルから需要の多い神前式ですが、挙式の場所選びに工夫したい点とメリットについて見ていきたいと思います。 神前式を挙げるには、神社で挙げるか結婚式場やホテルで挙げるかの選択肢があります。 結婚式場などで挙げるメリットは、幅広いサービスを受けられるという点です。式場や披露宴会場も同じ場所に併設されているので移動も楽ですし、プランとして全体を一つのパックにしてあるので準備も楽です。 神社で挙げるメリットは何と言っても、神社ならではの演出を味わうことが出来るということです。一例で言えば、控室となる建物から結婚式を行う拝殿までを神職や巫女に先導されながら歩く、いわゆる結婚行列があります。 一般の参拝客などにも祝福されながら静々歩くのは神社ならではの醍醐味と言えます。

今注目を浴びる神前式

神前式は明治時代に誕生した結婚式のスタイルでありそれから100年あまり経ちました。現在一般的に結婚式として行われているスタイルはキリスト教式の結婚式です。 ヨーロッパへに対する憧れやテレビや雑誌などの影響もあって、日本の一般人において結婚式としてイメージするのはキリスト教式という人も多いです。 そうした中にあって神前式はマイナーな結婚式のスタイルとされてきましたが、最近再び注目が集まっています。個性的な結婚式を求めるカップルが増えたことや、日本の伝統を再評価する風潮も相まって日本ならではの結婚式として神前式が注目されているのです。 また昨今のパワースポットブームによって、各地の神社に特に若い女性を中心とした参拝客が集まるようになったことも要因として挙げられます。

会場を決める

日本伝統の結婚式として神前式がありますが、神前式ではウェディングドレスではなく和装の着用が基本です。日本に憧れを持つ外国人が神前式で式を挙げることも増えています。

レストランで挙式

結婚式には様々な形が存在していますが、中でも近年数を増やしているのがレストランウエディングです。レストランで挙式できるこの方式なら、美味しい料理に舌鼓を打ちながら楽しく挙式することができます。

招待状を送る

結婚式へ招待されるときには招待状が送られます。招待されたときには返信をすることができるので、何か要望があればそのときに伝えることができます。招待状には本人だけではなく連名にする人も多くなりました。

注意点を知る

結婚式を挙げることにより様々な演出をすることができます。演出をする際には様々な注意点がありますが、演出は自信を持って行なうことで会場の参加者から喜んでもらうことができるはずです。